見た目のエイジングケア

RevLite(QスイッチYAGレーザー)

レブライトとは

レブライトレーザーは、最新のQスイッチYAGレーザー機器で、2種類の波長(532nm、1064nm)を使い分けることにより様々な肌トラブルの治療が可能です。
532nmは皮膚の浅い部分に作用し、老人性色素斑(シミ)、雀卵斑(そばかす)、扁平母斑などに有効です。1064nmを用いた低出力治療はレーザートーニングと呼ばれ、深い部分に作用し、太田母斑、ADM、リジュビネーション(小じわ・ニキビ・毛穴)、肝斑の治療が可能です。
ターゲットとなる色素(メラニン)がレーザーの光を吸収し、その細胞を破壊していくことで、シミ等がきれいになっていきます。また、肌の奥に熱を入れることで、コラーゲンが再生され治療後はお肌がスベスベになり肌質改善効果が期待できます。

このような方にオススメ

アンチエイジング(毛穴・ニキビ跡・たるみ・肌質改善)肝斑 シミ 色素沈着 

症例

revlite01-1

revlite01-2

revlite-04

 

revlite-05

治療について

1064nm(レーザートーニング) 532nm(シミ治療)
施術後の反応 照射直後は少し赤みが出ることがあります。シミの深さ、濃さによっては白っぽくかさぶたになることがあります。 照射直後は白っぽくかさぶたになり、その後は赤みが出ることがあります。
痛み 輪ゴムでパチパチとはじくような音と刺激がありますが、麻酔の必要はありません。
※痛みの感じ方には個人差があります。
トーニングに比べ刺激が強いため麻酔クリームや冷却を行い治療していきます。
※痛みの感じ方には個人差があります。
ダウンタイム 当日からメイク、入浴可能。 当日は洗顔禁止。
翌日より保護テープの上から洗顔は可能。
治療回数 1〜2週間間隔で4〜5回。その後は症状に応じて追加照射していきます。 基本的に1回。約1週間後に診察。
術後のケア 日焼けには十分に気をつけてください。 1週間はステロイド軟膏とガーゼ、遮光テープで保護。
その後ハイドロキノン軟膏を就寝前に塗布。日中は遮光テープを貼布。

ページの先頭へ戻る