ニュース

Active Sentryを搭載した新い超音波白内障装置「CENTURION」導入

この度、当クリニックではActive Sentryを搭載した新しい超音波白内障手術装置であるアルコン社の「CENTURION」を導入しました。
Active Sentryハンドピースは、2020年から使用可能となる新しい超音波ハンドピースです。
ハンドピース内に液圧センサーを内蔵し、リアルタイムで眼内圧情報をCENTURION本体に伝え、直ちにActivev Fluidics Technologyで前房内圧を安定させ、より安全に手術が可能となります。
CENTURIONはNGENUITY 3Dビジュアルシステムとデータフュージョンが可能になる予定です。
白内障手術も3D Heads Up Surgeryで行っています。
IMG_3985.2

ページの先頭へ戻る