スタッフブログ

マッサージピールPRX-T33

ケミカルピーリングの中で、最近[美st]などの女性雑誌でも広く取り上げられており、都内の美容皮膚科を中心にとても人気の高いマッサージピールについてご紹介します。
ケミカルピーリングは、グリコール酸、サリチル酸、トリクロロ酢酸(TCA)といった薬品を皮膚に塗布し、創傷治癒機転による皮膚の再生効果を利用して、にきび(ざ瘡)、色素異常、光老化に伴う症状の治療や皮膚の若返り、しみ、くすみ、質感などの皮膚の美容的改善を目的とする治療です。(日本皮膚科学会ケミカルピーリングガイドライン)
ケミカルピーリングの中でも、高い効果から人気の高いピーリングが、イタリアで開発されたPRX-TT33を用いたマッサージピールです。
マッサージピールは当クリニックではすでに導入している治療ですが、今回開発者のDR.Rosssna Castellanaがイタリアから再来日され、昨年に続いて講演を聴く機会がありました。
マッサージピールは、肌の深部まで作用するTCA(トリクロロ酢酸)を用い、低濃度の過酸化水素と組み合わせてお肌の炎症を最小限にし、また美白効果があるコウジ酸を配合しています。真皮層で新しいコラーゲンを作り出し、お肌のハリや質感改善が得られる画期的なピーリングです。名前の通り、マッサージをしながら薬剤PRX-T33を皮膚に浸透させていきます。フロスティング(皮膚の剥離作用)が最小限で、真皮層のコラーゲンを作りだし、小じわやたるみを改善させます。
数回の治療で得られる効果は、フラクショナルレーザーに匹敵すると言われています。
今回の講演の基本的な部分は昨年と同じでしたが、レーザートーニングやダーマペンなどの治療と併用することにより、より高い効果が得られというお話がありました。
適応は、光老化の影響を受けた皮膚の再活性化、萎縮性瘢痕、色素沈着、シワ、乾燥、また妊娠線にまで及びます。
ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

IMG_3439

pr

ページの先頭へ戻る