スタッフブログ

第17回硝子体手術ビデオセミナーに参加しました

本年も硝子体手術ビデオセミナーに参加してきました。
硝子体手術は、黄斑疾患、網膜剥離、糖尿病網膜症などの眼底の病気に呈する手術で、
眼科の分野では最も急速に進歩してきている手術治療です。

MIVS :(使用する器具の最少化)、広角観察システム、モニター画面で手術操作を可能にする3Dビジュアルシステムなど、特に手術装置、周辺機器の進歩により、より安全に効率的に手術が可能になってきています。

硝子体ビデオセミナー写真

Alconから2017年に発売された3Dビジュアルシステム・NGENUITY

ページの先頭へ戻る