スタッフブログ

日本RF手術研究会(眼瞼手術のハンズオン)

手術の際の切開や凝固には、電気メス、炭酸ガスレーザーなどが使われますが、
RF (Radio Frequency、高周波ラジオ波)を用いたRFメスでは、これらの器械と比べて、
より組織障害が少なく微細で優れた切開が可能になります。
出血の少ない繊細な操作が可能なため、皮膚科、小児外科、耳鼻科、産婦人科、形成外科、眼科など、
広い診療科で用いられています。眼科では、眼瞼下垂をはじめとする眼瞼手術に多用されています。
以前より時々出席させて頂いておりますが、今回は第14回となる日本RF手術研究会に参加してきました。
産婦人科や小児外科の手術ビデオの供覧や、海外からのspeakerによる講演がありました。
また眼瞼下垂の手術については、形成外科の先生による詳しいセミナーがありました。
当クリニックには、ellman社の高周波ラジオ波装置が2台(サージトロン・ペレベS5、サージトロンEMC)があり、
眼瞼下垂、眼瞼内反などの眼瞼手術に使用しております。

 日本RF手術研究会IMG_1326

ページの先頭へ戻る