スタッフブログ

3D-ビデオの Head-up surgery を体験(日本臨床眼科学会)

日本臨床眼科学会に参加してきました。

学会の中で目立ったのは、光干渉断層計を用いた血管撮影「 OCT-angiography」 の話題が多かったことです。
当クリニックでも10月から OCT-angiography が稼働しておりますが、造影剤を使用しない非侵襲性の検査でたいへん有用であり、とても役立っています。

また手術の分野では、3D-ビデオの技術を用いた Head-up surgery が最近話題となっております。これは顕微鏡の画像を3D-ビデオを用いて大きなモニターに映し、術者は顕微鏡を覗かず、3Dメガネをかけてモニターを見ながら手術を行う装置です。この方法には、いろいろな利点があることが報告されています。

器械展示場にて、Alcon社のNGEUITYというシステムを模擬眼で体験してきました。予想以上に良い画質で見やすく、自然で細かい操作が可能でした。
IMG_1301

ページの先頭へ戻る