ニュース

ICL(眼内コンタクトレンズ治療)を開始します

ICL(眼内コンタクトレンズ治療)を開始します。

眼内コンタクトレンズは、英語のインプランタブルコンタクトレンズを略してICLとも呼ばれます。有水晶体眼内レンズ、あるいはフェイキックIOLと呼ばれることもあります。眼内コンタクトレンズをインプラントして近視矯正治療を行うのがICL治療です。ICL治療は、レンズを取り外せば元に戻すことが出来る安心の治療法です。

これまで長野県内では認定施設がなく、県内ではICL治療ができませんでしたが、認定医である慶應義塾大学眼科・特任講師・小橋英長医師により適応検査、 ICL手術を受けて頂くことが可能となりました。

ご希望の方には適応検査をご案内させて頂きます。お気軽にお問い合わせください。

詳しくはこちらをご覧ください ICL 

topicimage01画像ICL

ページの先頭へ戻る