ニュース

新しい緑内障手術(iStent)のCertificate(終了証明書)を取得

iStentは緑内障患者さんの白内障手術中に用いるステントで、術後の眼圧を低下させ、緑内障治療薬の数を減らすことができることが報告されています。この手術法はこれまでの濾過手術と比べて侵襲が少なく、Minimally Invasive Glaucoma Surgery (MIGS)と呼ばれています。iStentは2004年ヨーロッパで、2012年にFDAで認可され、これまで多くの患者さんに使用されています。国内では2016年に認可され、眼科学会の指導の下の講習会を受講、ハンズオン、手術症例立会いのプログラムを終了後に単独で術者として手術を行うことが可能となります。

今回このプログラムを終了し、米国のGlaukos社よりCertificate(終了証明書)を頂きました。
適応は白内障を合併した軽度から中等度の開放隅角緑内障となります。利点としては、白内障手術と同時にできること、手術侵襲が少なく、手術に要する時間が短いことなどが挙げられます。
この手術により使用している緑内障点眼液を減らすことができる場合もあり、今後適応が広まっていくことが考えられます。

DSCPDC_0003_BURST20180906120932792_COVERiStent終了証_NEW

名称未設定 2名称未設定 3

ページの先頭へ戻る