ニュース

血管撮影が可能な光干渉断層計 ZEISS CIRRUS OCT with AngioPlex を 導入

光干渉断層計(OCT)は、眼底疾患や緑内障の診断に欠かすことができない医療器械ですが、近年、造影剤の使用なしで網膜の血管撮影が可能な光干渉断層血管撮影 ( OCT angiography )の技術が開発され、急速に普及してきております。

当院では、現在稼働中のNIDEK社OCTに加えて、2台目のOCTとして OCT angiographyが可能な ZEISS CIRRUS OCT with AngioPlex を導入することになりました。

この器械により、加齢黄斑変性症や網膜動脈閉塞症、網膜静脈閉塞症、糖尿病網膜症などの眼底疾患のより詳しい、正確な診断が可能になると考えております。
ツァイツOCT1 ツァイツOCT

ページの先頭へ戻る