スタッフブログ

待合室でアロマテラピー、始めました。

こんにちは。初めまして、スタッフのOです。
9月より、松田眼科でお仕事をさせていただいています。医療の現場で働くのは初めてですが、「今の私にできることを、精一杯!」を信条として日々働いています。どうぞ宜しくお願いします。

さて、「アロマテラピー」をご存知でしょうか?日本語にすると「芳香療法」となりますね。
そうそう、「アロマテラピー」と「アロマセラピー」は違うの?と思われる方もいらっしゃると思いますが、「アロマテラピー」はフランス語読み、「アロマセラピー」は英語読みという違いだけで同じものです。
私Oは、ナード・アロマテラピー協会認定 アロマ・アドバイザーの資格を持っていることから、今度医院内でアロマテラピーを行うことになりました。
ナード・アロマテラピー協会では、アロマテラピーを“植物精油を用いた、健康管理法および療法”と定義しています。

心地よい香りは、心や体をリラックスさせたり、元気にさせてくれたり、毎日の生活を豊かにしてくれるものです。私自身も落ち込んだり、悩んだり、疲れたり、元気のない時、アロマに助けられています。

ほんの少しでも、当医院に来られた患者さん、そのご家族の方の“助け”になれたら…。
待合室、診察室にアロマディフューザーを置くことにしました。自然の芳香で、診察までの待ち時間が少しでも快適になるといいな…と思っています。また、精油には空気を浄化する働きもあると言われていますので、風邪が流行るこれからの季節には効果があると期待しています。
ただ今、何種類かの精油をブレンドして、オリジナルの香りを作ろうと奮闘しているところです。

 ~品質の確かな精油を選択し、優しい空間を作ります~

<現在使用中の精油>
☆オレンジ・スイート…爽やかで甘くフルーティーな香りで、気分を明るくリフレッシュさせてくれます。
☆ブラックスプルース…清涼感と苦みのある森林の中にいるような香りが、心を元気にさせてくれます。
☆ユーカリ・ラディアタ…爽やかで清々しい香りで、沈んだ気分を元気にさせてくれます。
☆ラベンダー・スーパー…ラベンダーの中では、すっきりとした甘い香りで、心の疲れを癒してくれます。

ページの先頭へ戻る