スタッフブログ

尿中有害ミネラル検査

有害ミネラルは、一般的な日常生活を送っていても、知らず知らずのうちに蓄積されていきます。生活環境や、生活習慣の違いによる個人差はありますが、人体に影響を及ぼす金属には、カドミウム、水銀、鉛、ヒ素、ベリリウム、アルミニウムなどが知られています。
有害ミネラルが身体に及ぼす影響として、
慢性疲労、肌荒れ、むくみ、アレルギー、頭痛、冷え性、肩こりなど、多くの人に現れる症状のほか、発がんや不妊の原因ともいわれています。
さらに、女性にとって永遠のテーマ、加齢に伴うシワ、シミにも関係するとか!!
今回は、尿中有害ミネラル検査を当院スタッフ(30代後半 女性)が受けてみました。
検査の方法は、体内の有害ミネラルが尿中に排出されるよう、専用の錠剤を服用。
その後六時間の間に排尿された尿の一部を採取し、アメリカの研究所に送りました。
結果は、検査項目20項目のうち、ヒ素、鉛、水銀、タリウムの4項目が基準値を超え、中でも水銀は基準値の3倍、ヒ素に至っては基準値の7倍というかなりの高い値を示しました。
 水銀が原因と言われる健康障害・・・視力低下、不眠、集中力低下、頭痛、疲労感
 ヒ素が原因と言われる健康障害・・・疲労、胃腸障害、色素沈着
本人曰く、これらの身体症状にところどころ思い当たる節もあり・・・
魚介類の摂取は海のない長野県民の割に食卓にあがる頻度が高く、少なからず影響しているのではないかと。
そして気になるシミ、シワなどの加齢現象。それにも影響があるなら、なんとかしたい!
本人の強い要望で、体内からこの有害物質を排出させるための薬剤内服(キレーション)を予定しています。
キレーションにより、効果のある疾患(米国)
・狭心症
・冠状動脈硬化
・乾癬
・糖尿病による壊疽
・加齢に伴うシワ、シミなどの改善
・視力低下
など・・・
かなり興味深い結果が出ています。
内服開始後3か月で再検査する予定ですので、結果が出次第また報告させていただきます!

ページの先頭へ戻る