見た目のアンチエイジング

高濃度ビタミンC点滴

高濃度ビタミンCとは

高濃度ビタミンC点滴療法は体に優しい副作用のないがん治療として注目されている最新医療ですが、美肌効果や抗酸化作用などアンチエイジングにも高い効果が期待できる美容治療です。
肌が老化していくのは紫外線や老化、日常のストレスなどにより活性酸素が発生し、細胞を分解してしまうことが原因です。高濃度のビタミンCを摂取すると、体内の血中濃度が高まり老化の原因とされる活性酸素を無害化する、抗酸化作用が得られます。

なぜ点滴なのか

vitamin-01

経口摂取の場合

ビタミンCは大量に摂取しても、吸収が悪く、すぐに排泄されてしまいます。

点滴の場合

ビタミンCの経口摂取に比べ、点滴はビタミンCの血中濃度を20~40倍以上に増やします。点滴の方が体の隅々にビタミンCが行き渡りやすく、高い効果が期待できます。

ビタミンCの美肌効果

点滴頻度は月1~4回 1回あたり10~25g

お肌の美白 シミの大敵である、メラニン色素を抑制します。
お肌にハリや弾力を! ビタミンCはコラーゲンやエラスチンなど、お肌の弾力のもとを増やしハリのあるお肌をつくります。
保湿たっぷりのしっとりお肌に 水分を強力に挟みこむセラミドの生成を促し、みずみずしいお肌にします。
ニキビやお肌のトラブル改善 余分な皮脂の分泌をおさえ、きれいな毛穴を保つことでニキビを予防、抗炎症作用でトラブルを改善します。

 

美容以外の効果

点滴頻度は月1~4回 1回あたり10~25g

抗酸化作用 若々しく健康でいるためには、体のサビを防ぐこと「抗酸化」が重要です。細胞を攻撃する活性酸素から守り、体の酸化を防ぎます。
疲労回復効果 ビタミン剤の経口内服に比べ血中濃度を効率よく高めるため、疲労倦怠感の回復と即効性があります。また、日々のストレスの積み重ねで発生する活性酸素を抑え、健康的なホルモンの働きを応援し、ストレスに対応できるからだをつくります。
免疫力の向上 体内のウイルスや病原菌を排除する「白血球の機能」を強化して免疫力をアップします。
生活習慣病改善 血中コレステロール降下作用、お酒を飲む機会の多い方、メタボリック症候群、高脂血症や糖尿病などの生活習慣病の症状緩和、タバコを吸われる方
抗がん・がん予防作用 がん予防にビタミンCが注目されています。
超高濃度ではがん細胞を殺します。
高濃度では抗酸化作用でがん細胞の発生を抑えます。
注;腎臓機能の低下している方、透析中の方、G6PD欠損症の方はお受けできません。

 

G6PD検査について

G6PDとは赤血球にあるG6PDという酵素の欠損により溶血が起こる病気です。G6PD欠損症は日本人には希な遺伝性疾患ですが、G6PD欠損症の患者さんに大量のビタミンCの点滴をすると、重症の溶血性貧血を起こすことがあります。このような合併症を防ぐために、ビタミンC点滴を受ける前には必ず血液検査をし、安全に治療を受けられるかを判断します。
 

ビタミンC注射薬の品質に注意!

vitamin-02

1) 防腐剤入りの国産ビタミン注射は使用できません。

高濃度ビタミンC点滴療法では、外国製の防腐剤の入っていない、安全なビタミンC注射薬(1本25g)を使います。国産の注射薬には全て防腐剤が添加されているので、高濃度ビタミンC点滴療法には向きません。

2) 海外から冷蔵空輸されたビタミンC注射薬のみを使います。

ビタミンC注射薬は温度に不安定なため、製造工場からクリニックに届けるまで2~8℃の冷蔵保管が義務づけられています。ところが、中にはこの規則を守らないで、冷蔵せずに輸入する業者がいます。
当院では“USP(米国薬局方)基準”が守られているマイラン社製の高濃度ビタミンCを使用しています。

ページの先頭へ戻る