見た目のアンチエイジング

有害金属検査

hazardous-metal-01
水銀・鉛・ヒ素・カドニウムなどの有害金属が体内に蓄積すると、下記のような様々な健康障害を引き起こすことが知られております。日本人は、マグロなど魚の摂取量が多いので、水銀の蓄積が欧米人の数倍以上であると報告されています。 有害金属は酸化を促進させ、アンチエイジングに悪影響を及ぼします。

 

健康障害の兆候 主な原因
水銀(Hg)

【健康障害の兆候】

手足のふるえ、しびれ、集中力低下、不眠、視力低下、疲れやすい、情緒不安定、頭痛、言語障害

【主な原因】

アマルガム、汚染された魚介類、マグロ、金目鯛、メカジキ、ふかひれ、電池、農薬、防カビ剤、柔軟剤

鉛(Pb)

【健康障害の兆候】

貧血、不安感、めまい、イライラ感、免疫低下、骨や筋肉の痛み、頭痛、発癌

【主な原因】

有鉛ガソリン、殺虫剤、塗料、はんだ、油絵具、古い水道管、アクセサリー、蓄電池、ヘアカラー

ヒ素(As)

【健康障害の兆候】

疲労、手足のしびれ、神経症状、胃腸障害、色素沈着

【主な原因】

殺虫剤、除草剤、海藻、ひじき、わかめ、野菜、果物

カドミウム(Cd)

【健康障害の兆候】

脱毛、貧血、腎機能障害、骨折、疲労、血圧上昇、神経過敏

【主な原因】

喫煙、排気ガス、メッキ工場、電池、米類、玄米(1mg/kg)

ニッケル(Ni)

【健康障害の兆候】

無気力、発癌物質、疲労、下痢、不眠、皮膚炎

【主な原因】

喫煙、マーガリン、Nlcd電池、メッキされた金属アクセサリー

最近では、米国の研究(TACT study)からキレーション療法(有害金属の体外排泄を促進する治療)により、心筋梗塞や脳卒中などの動脈硬化性疾患の発生を抑える効果が判ってきました。

このように、体内の有害金属の蓄積を調べることは、アンチエイジングや動脈硬化性疾患の予防につながり、とても有益です。

有害金属検査には、1)毛髪ミネラル検査と2)尿中誘発テストがありますが、1)毛髪ミネラル検査は国内の検査機関で可能な簡便な方法です。

検査結果は、食生活や環境因子の改善、またキレーション治療にフィードバックできます。

検査の流れ

①質問票

各項目に沿って下記の見本通りご記入頂きます。
検査するに当たり大事な情報になりますので漏れの無いようにお願いいたします。
hazardous-metal-02

②毛髪

検査には約3㎝(根元付近から)、重さにして0.1gの毛髪が必要になります。
※毛髪が規定の量に満たない場合は、再度検査になってしまいます。

③結果

郵送後暫くして結果が返信されます。(下記参照(一部))
hazardous-metal-03

ページの先頭へ戻る